SeeBest(シーベスト天神)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、コンタクトレンズの専門店です
SeeBest(シーベスト)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、補聴器、コンタクトレンズの専門店です」
電話

Less than human(レスザンヒューマン)

「人間以下」という名を持つブランド「Less than human(レスザンヒューマン)」。

ディレクターとして今井 康裕氏をむかえ、甲賀 潤氏と西尾 渉氏のアイウェア業界では一流のデザイナーが「作りたい物を作る」というコンセプトのもと立ち上りました。

一切の妥協と嘘を排除してMADE IN JAPANにこだわりぬいた確かな品質と、奇抜ながらも洗練されたカラーリングやフォルムは見る者をことごとく惹き付けます。流行りに媚びず、時代に媚びず、一般 眼鏡ユーザーの意見にも惑わされず。その唯一無二のプロダクトは、まさしく「馬鹿でエロティックでアナーキーな装飾品」。発表される度に掲げられるセンセーショナルなテーマやメッセージも魅力の一つです。

Less than human(レスザンヒューマン)関連情報

2018年

9月

04日

less than human(レスザンヒューマン)2018Springコレクション「DELOS」

 

「人間以下」という名を持つブランド「Less than human(レスザンヒューマン)」。奇抜ながらも洗練されたカラーリングやフォルムは見る者をことごとく惹き付けます。

流行りに媚びず、時代に媚びず、一般 眼鏡ユーザーの意見にも惑わされず。その唯一無二のプロダクトは、まさしく「馬鹿でエロティックでアナーキーな装飾品」。

今回ご紹介するのは2018 Springコレクション「DELOS」です。

less than human/DELOS

DELOS 53□17-140 ¥35,000+tax

 

2018 Spring コレクションの特徴は近未来映画に関するワードが品名になっています。

『ロボコップ』の巨大企業オムニ社の名前を取った「OMNI」

『ブレードランナー』のタイレル社の名前を取った「TYRELL」

『トータルリコール』のリコール社の名前を取った「RECALL」

『ターミネーター』に出てくる人工知能スカイネットの名前を取った「SKYNET」

そして、映画『ウエストワールド』に出てくる巨大レジャーランド「デロス」の名前を取った「DELOS」。

さすが less than human。ネーミングがすごいコダワリです。

 

フルリムのブローフレームに見えますが、実はトップのアセテートパーツは飾りで、アンダーリム(枠のアンダーラインだけでレンズを固定) になっています。

こういう普通じゃないところもレスザンらしさです。

 

人とは違う。トレンドなんか追うものか!癖の強い『人間以下』というブランド。いかがでしょうか? 

2018年

2月

12日

掛ける東京タワー?! less than human(レスザンヒューマン)「KRIPTOS」

「人間以下」という名を持つブランド「Less than human(レスザンヒューマン)」。

奇抜ながらも洗練されたカラーリングやフォルムは見る者をことごとく惹き付けます。

流行りに媚びず、時代に媚びず、一般 眼鏡ユーザーの意見にも惑わされず。

その唯一無二のプロダクトは、まさしく「馬鹿でエロティックでアナーキーな装飾品」。

今回ご紹介するのは、東京タワーなどの鉄骨をイメージしたデザイン、Less than human(レスザンヒューマン)らしいブローフレーム「KRIPTOS」。

less than human/KRIPTOS

KRIPTOS 55□16-140 ¥39,000+tax 

 

東京タワーなどの鉄骨をイメージしたデザインとなっております。

それは、上から見ると鉄骨の骨組みのような構造が。

フロントが二重構造になっており、フロント角度が変わらないように設計されており、

見え方に角度による不具合が出ないように考えられています。

テンプルにもそのデザインは施されています。

立体的に仕上げられた『KRIPTOS』は男性の顔をキリッと引き締め、効果的にかっこいい男を演出してくれます。

見る角度によって表情を変えるレスザンヒューマンならではのアイテムです。

2018年

1月

30日

less than human (レスザンヒューマン)のゴーグル風アイウェア 「SAKIGAKE」再入荷

「人間以下」という名を持つブランド「Less than human(レスザンヒューマン)」。奇抜ながらも洗練されたカラーリングやフォルムは見る者をことごとく惹き付けます。

流行りに媚びず、時代に媚びず、一般 眼鏡ユーザーの意見にも惑わされず。その唯一無二のプロダクトは、まさしく「馬鹿でエロティックでアナーキーな装飾品」。

 

前回入荷後、あっという間に完売したため、ご紹介できなかった『SAKIGAKE(サキガケ)』再入荷です。2016年秋モデル「dore」がベースです。

less than human/SAKIGAKE

SAKIGAKE 55□21-127 ¥38,000+tax

 

メタルパーツとプラスチックパーツのコンビネーションフレームで、ゴーグルのようなデザインです。パットはクリングスタイプ。レンズを入れる枠のメタルフードがこのフレームの特徴の一つです。

セルパーツの設置部から丁番にかけてのシートメタルが程よい弾力で側頭部の圧迫を感じさせません。メタルリムとフロントセルをあえて目立つように3点ネジでピン止めし、フロントのインパクトを強めています。

とにかく武骨でカッコいい。これぞ『less than human(レスザンヒューマン)』の真骨頂です。