SeeBest(シーベスト天神)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、コンタクトレンズの専門店です
SeeBest(シーベスト)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、補聴器、コンタクトレンズの専門店です」
電話

G.M.S.(ジー・エム・エス)

『約80年前に生まれた昭和天皇献上品を現代に甦らせる』という増永眼鏡・創業100周年記念事業として実施された「G.M.S.(ジー・エム・エス)」プロジェクト。

大いなる先人の軌跡をたどる時間と、まだ誰もなしえていない技術開発への挑戦によって生み出されたアイテムの数々。『品質第一主義』を継承しつつ、進化を続ける増永眼鏡のシンボル的ブランドです。

G.M.S.(ジー・エム・エス)関連情報

2021年

12月

28日

MASUNAGA G.M.S. セルワッパタイプ「GMS-119TS」

メガネフレーム ラウンドシェイプ

GMS-119TS 44□21-150 ¥44,000(with tax)

 

やや天地を抑えたオーバルシェイプの雰囲気もあるラウンドフレーム。セルワッパタイプで程よい存在感です。

ブリッジにアセテートパーツを挟み込むことでモダンな雰囲気を作り出しています。

透明感ある生地でとても美しい仕上がりです。

ノーズはチタンパットで一体感あるつくりとなっています。細テンプルで掛け心地も良く、スッキリとしたシルエットです。 

スモールサイズのレンズシェイプなので、強度近視の方、小顔の方にもおススメです。

SeeBest天神の今年の営業は、12月29日(水)17:00まで、新年は1月4日10:30からとなります。

ご来店の際は気を付けてお越しくださいませ。 

 

  • 通販ご希望の方はコチラよりお問い合わせくださいませ。
    お電話でのお問い合わせ:092-781-2580(10:30 ~ 19:30)

MASUNAGA since 1905 G.M.S.

日本製の90%以上を生産する福井県。その地に眼鏡という産業を根付かせた会社、それが創業110年を超える「増永眼鏡」です。

その増永眼鏡が作り出すクラシックスタイル「MASUNAGA since 1905 G.M.S.」。

創業者、増永五左衛門の名を冠したブランドです。

Gozaemon Masunaga Spectacles ⇒『G.M.S.』

2021年

12月

10日

MASUNAGA G.M.S.オクタゴンシェイプ「GMS-118&118S」

MASUNAGA G.M.S.オクタゴンシェイプ「GMS-118&118S」

オクタゴンシェイプの「GMS-118」と「GMS-118S」をご紹介します。

細かなところに彫金を施した非常に手の込んだアイテムです。

【オクタゴン(八角形)】は、最近よく見かけるようになった多角形の代表格。

モダンさとクラシカルな部分を併せ持つフレーム。人との違いを演出するアイウェアです。 

通販ご希望の方はコチラよりお問い合わせくださいませ。

  • お電話でのお問い合わせ:092-781-2580(10:30 ~ 19:30) 

MASUNAGA G.M.S./GMS-118

メガネフレーム オクタゴンシェイプ

GMS-118 col.21 BK/GP 47□21-150 ¥44,000(with tax)

 

「GMS-118」はフロントがフルメタルのオクタゴンフレーム。

天地幅はしっかりとあるので遠近両用やサングラスとしての使用もおススメ。

ゴールドカラーチタンフロントの前面にだけブラックカラーの塗りが入っているため、程よく輪郭を強調するデザイン。

長モダンのテンプルで側頭部のあたりも非常にソフト。フロントリム周りには細かな彫金が施されています。

MASUNAGA G.M.S./GMS-118S

メガネフレーム オクタゴンシェイプ 

GMS-118S col.213 BR/GP 46□23-150 ¥44,000(with tax) 

 

「GMS-118S」はレンズとチタンリムの間にセルを挟み込んだセルワッパタイプ。

メタルタイプよりも存在感が出るデザインです。

フロントリム周りには「GMS-118」と同様に細かな彫金が施されています。

生地のカラーはブラウン系で肌になじみやすく違和感なく掛けられます。

2021年

11月

25日

MASUNAGA G.M.S.小ぶりボストン「GMS-833」

メガネフレーム ボストンシェイプ

GMS-833 43□23-150 ¥40,700(with tax)

 

スモールサイズのボストンシェイプ。

レンズサイズ43㎜と小ぶりな為、小顔の方、女性の方、強度数な方にもおススメ。

クリングスタイプのノーズでパットはチタン製。

フロントサイドの智元から流れるように伸びたテンプル。優しく側頭部を抱き込んでくれます。

#23はベーシックカラーのデミ。#34はスモーク感の強いマットグレイ。

#45はブラックのように見えますが、ネイビーカラー。黒く見えて時折出てくる濃紺がとてもきれいです。

ゴールドのチタンパーツとの相性は抜群。

コロッと可愛らしいフレームですが、それだけではない掛け心地の良さやいろいろなシーン、ユーザー様との相性。

どれをとっても頷ける。増永眼鏡のクオリティーの高さ、デザイン性です。 

 

通販ご希望の方はコチラよりお問い合わせくださいませ。

  • お電話でのお問い合わせ:092-781-2580(10:30 ~ 19:30) 

MASUNAGA G.M.S.

 

『約80年前に生まれた昭和天皇献上品を現代に甦らせる』という増永眼鏡・創業100周年記念事業「G.M.S.(ジー・エム・エス)」プロジェクト。

大いなる先人の軌跡をたどる時間と、まだ誰もなしえていない技術開発への挑戦によって生み出されたアイテムの数々。

『品質第一主義』を継承しつつ、進化を続ける増永眼鏡のシンボル的ブランドです。