SeeBest(シーベスト天神)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、コンタクトレンズの専門店です
SeeBest(シーベスト)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、補聴器、コンタクトレンズの専門店です」
電話

G.M.S.(ジー・エム・エス)

『約80年前に生まれた昭和天皇献上品を現代に甦らせる』という増永眼鏡・創業100周年記念事業として実施された「G.M.S.(ジー・エム・エス)」プロジェクト。

大いなる先人の軌跡をたどる時間と、まだ誰もなしえていない技術開発への挑戦によって生み出されたアイテムの数々。『品質第一主義』を継承しつつ、進化を続ける増永眼鏡のシンボル的ブランドです。

G.M.S.(ジー・エム・エス)関連情報

2016年

11月

21日

G.M.S.から縄手フレーム「GMS-196TC」

G.M.S. GMS-196
G.M.S. GMS-196

増永眼鏡のクラシックブランド『MASUNAGA G.M.S.(マスナガ GMS)』から、新作が続々入荷してます。

今回は『GMS-196』のご紹介です。

いままで、同じ形の18Kタイプは作られていたのですが、新型としてオールチタンで価格もお求めやすく、創業当時のフレームデザインをモチーフに現代の技術によってアップデートしたモデル。流れるようなラインで造形されたブリッジが当時の風合いを再現しています。

G.M.S./GMS-196TC

昔ながらのしなやかな縄手を採用したタイプ。今では限られた職人でしか再現できません。

耳の付け根にしっかりとフィットする縄手でしか味わえない掛け心地を提供します。

縄手フレームは耳の後ろで完全にホールドされるため、限りなくズレ落ちにくいフレームです。近方作業を長時間要する方などにもおススメ。 

増永眼鏡『G.M.S.』のアイテムは当然 『Hand made in Japan』です。 

2016年

10月

25日

G.M.S.から小さめウエリントン「GMS-820」

増永眼鏡のクラシックスタイル『G.M.S.(ジー・エム・エス)』から新作アイテムのご紹介です。

今回は小ぶりなウエリントンシェイプ。フロントシェイプ以外の使用はボストンシェイプ『GMS-819』と同じです。

G.M.S./GMS-820

GMS-820 47□21-145 ¥37,000+tax
GMS-820 47□21-145 ¥37,000+tax

セルとメタルのコンビフレームで小さめのウエリントンシェイプです。

レンズサイズが47mmと小ぶりな為、強度近視の方にもおススメです!

セル生地が細身な為、しなやかでスッキリとしています。仕事でも違和感なく使用できるモデルです。

テンプルの中芯にも彫金が施されており、そのデザインが見えるように外側に透明な生地を張り合わせています。

ヒンジにメタルパーツを採用しているため、側頭幅のフィッティングも対応。もちろん、ヒンジパーツにも彫金が。

ノーズはクリングスタイプでチタンパットになっています。

クラシックな眼鏡が苦手な方でも掛けやすいモデルだと思います。

創業110年を超える老舗『増永眼鏡』。手作りによるモノ作りの素晴らしさに触れてみてください。 

GMS-820 47□21-145 ¥37,000+tax

 

  • 「col.49」は、ガンメタカラーのチタンパーツとブラック生地のセル。オーソドックスですが、外れない安定感があります。程よい存在感がありますが、どんなシーンでも使いやすいタイプです。
  • 「col.24」は、少し明るめのブラウン生地で肌になじみやすいモデル。サラっと掛けやすいデザインです。
  • 「col.35」は、ネイビーハーフカラーです。グレーにも見える生地なので派手さはありませんが、こちらもサラっと掛けられるモデルです。

 

2016年

10月

24日

G.M.S.のボストンシェイプコンビフレーム「GMS-819」

ご存知の方も多いでしょうが、日本製の眼鏡の90%以上が福井県で作られています。

福井県のメガネ作りは、増永眼鏡の初代・増永五左ヱ門が冬場でも現金収入が得られる手内職を福井に根付かせようと起こしたことが発端です。

そんな増永眼鏡が『約80年前に生まれた昭和天皇献上品を現代に甦らせる』という増永眼鏡・創業100周年記念事業として実施された「G.M.S.(ジー・エム・エス)」プロジェクト。これぞ日本の技術、日本のクラシックです。当然、熟練の職人による手造り。『G.M.S.』の新型が続々入荷中です。

G.M.S./GMS-819

GMS-819 46□21-145 ¥37,000+tax
GMS-819 46□21-145 ¥37,000+tax

セルとメタルのコンビフレームでボストンシェイプです。セル生地が細身な為、しなやかでスッキリとしています。

 

増永眼鏡のアイテムはどれも仕事が細かいのですが、こちらもブリッジに彫金が施されています。テンプルの中芯にも彫金が施されており、そのデザインが見えるように外側に透明な生地を張り合わせています。ヒンジにメタルパーツを採用しているため、側頭幅のフィッティングも対応。もちろん、ヒンジパーツにも彫金が。

ノーズはクリングスタイプでチタンパットになっています。

遠方からのお問い合わせも多いG.M.S.。

お早目にお越しください!

GMS-819 46□21-145 ¥37,000+tax

 

  • 「col.13」はブラウンデミ柄のセルにガンメタカラーのメタルパーツ。オーソドックスなコンビネーションです。
  • 「col.23」は13番カラーよりも透け感の強いセル生地。個性を出したいならコチラ。