SeeBest(シーベスト天神)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、コンタクトレンズの専門店です
SeeBest(シーベスト)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、補聴器、コンタクトレンズの専門店です」
電話

杉本圭(スギモトケイ)

世界が認める技術力と独創性から生まれる「杉本圭」アイウェア

「杉本圭(スギモトケイ)」のアイウェアは、工程のほとんどを手づくりで行っているので機械(マシニング)では出せない良さがあります。また、素材を生かしたモノづくりは、磨き方一つにしても、掛け心地や手に触れた時の感触が変わってきます。そして、職人の性格(持ち味)が出てくるので、手間暇かけて作り上げた分だけ「美」が生まれます。

『触ってみてください。』職人の手作りの良さがあります。

『掛けてみてください。』見た目の重厚感からは想像のつかない「掛け心地」があります。

日本が世界に誇る眼鏡の産地・福井県で、デザインを手掛けている「杉本圭」ブランド。そのアイウェアは「何も語らずともフレーム自体が語ってくれる」確かな技術力から生まれた至極の一品です。

エッジの効いた独創性のあるデザインに加え、掛け心地・見え方にもこだわり続ける「杉本圭」のアイウェアは今後も進化し続けていきます。

杉本圭(スギモトケイ)関連情報

2018年

6月

05日

杉本圭(スギモトケイ)のTHEDGE(ジ・エッジ)シリーズ「KS-112」をご紹介します

 

日本が世界に誇る眼鏡の産地・福井県で、デザインを手掛けている「杉本圭(スギモトケイ)」。

そのアイウェアは「何も語らずともフレーム自体が語ってくれる」確かな技術力から生まれた至極の一品。

エッジの効いた独創性のあるデザインに加え、掛け心地・見え方にもこだわり続ける本物志向の眼鏡ブランドです。

2008年に発表された名機「KS-19」をベースに、約10年ぶりに「THEDGE(ジ・エッジ)」シリーズとしてリニューアルした「KS-112」をご紹介します。

杉本圭/THEDGEシリーズ KS-112

メガネフレーム ウェリントンタイプ

KS-112 51□19-145 ¥35,000+tax 

 

「KS-19」の丸くとろんとした仕上がり感を、今作では逆にエッジーに仕上げ、全く新しいイメージに仕上がりました。

どこか懐かしく、だけどそれがなぜか新鮮な雰囲気を醸し出しています。

サイズはユニセックス感のある51mm。テンプル長を長めに設定。

杉本圭を代表するツートンカラーを中心に、マニッシュなカラーでバリエーションを構成されています。

2018年

5月

31日

杉本圭(スギモトケイ)2018SS 最新モデル「KS-108」入荷しました

日本が世界に誇る眼鏡の産地・福井で、手掛けられている「杉本圭(スギモトケイ)」。

今回ご紹介するのは、2018SSの最新作「KS-108」。

8mm厚のオリジナルアセテート生地をフロントに用い、アクセントにメタルパーツを使ったコンビネーションフレームです。 

杉本圭/KS-108

メガネフレーム ボストンタイプ

KS-108 47□22-140 ¥55,000+tax  

 

レンズシェイプは普遍的なボストンタイプ。年齢・性別を問わずに選んで頂けるデザインです。

テンプルにはβチタンを採用し適度なバネ性を持たせ、モダン小口部・バチ先の飾りにも統一感のあるプレス模様を入れました。

このプレス模様が高級感を演出しています。

オリジナル「板バネパッド」を搭載した「KS-108」は、スタイリッシュに決まるだけでなく、掛け心地面でも満足いただける眼鏡となっています。

2018年

3月

25日

杉本圭からフェミニンデザインの新作フレーム「KS-103」

日本が世界に誇る眼鏡の産地・福井で、手掛けられている「杉本圭(スギモトケイ)」。

今回ご紹介するのは、新作『KS-103』です。

オーバルをベースにしたアーモンドシェイプで、フェミニンなモデルに仕上がっています。

杉本圭/KS-103

KS-103 50□18-140 ¥35,000+tax

 

杉本圭らしくエッジ感を出したフレームは、凛とした雰囲気が漂う仕上がり感で、山裏に入れたスリットに取り付けたチタンクリングスにより、レンズにまつ毛が当たらないよう容易にフィッティングができる設計です。 

フレームカラーに合わせた中間色のカラーパッドを組み合わせ、ファンデーションの色落ちや付着を低減し、肌当たりも良い仕様です。