SeeBest(シーベスト天神)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、コンタクトレンズの専門店です
SeeBest(シーベスト)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、補聴器、コンタクトレンズの専門店です」
電話

BJ Classic Collection (BJクラシックコレクション)

細部までクラシックヴィンテージのディティールを再現したハンドメイドアイウェア「BJ CLASSIC COLLECTION(BJクラシックコレクション)」。

「いつの時代でもカッコよく掛けられる」をコンセプトにデザインされたフレームは日本人の骨格に合うように考えられており、軽く掛け心地が良い。眼鏡の原点に立ち返り、失われつつある古き良き時代の技術を再現する・・・。かたくなまでにセルロイドにこだわり抜く。すべての工程を進み、1本のメガネが完成するまで約4カ月。職人が認めた職人による眼鏡ブランド。それが「BJ CLASSIC COLLECTION(BJクラシックコレクション)」です。

BJクラシックコレクション関連情報

2020年

6月

06日

BJクラシック「P-608」&「P-608N」新色が誕生しました

福井県の鯖江で眼鏡職人の手によって紡ぎだされていくアイウェア。

アメリカンクラシックスタイルを追求し、ハンドメイドに拘ったブランド「BJ CLASSIC COLLECTION(ビージェイクラシックコレクション)」。

手仕事によるフレームは4か月という長い期間を経て一つの眼鏡へ仕上がります。

2020年・春夏の新作モデルが続々と入荷する中、今回ご紹介するは「P-608」と「P-608N」の新色です。

<上2本>

 P-608N 42□25-145:(上)col.119 クリアオリーブ(下)col.128 レッドブラウン 

<下2本>

 P-608   39□25-145:(上)col.119 クリアオリーブ(下)col.128 レッドブラウン

メガネフレーム

P-608N 42□25-145 ¥28,000+tax

P-608 39□25-145 ¥28,000+tax

 

「P-608」「P-608N」はレンズサイズの違いです。 

ノーズは一山タイプでクラシカルに。

クリアカラーで肌に馴染みやすくライトに使用できます。

BJクラシックのアイウェアは鯖江の眼鏡職人たちによるハンドメイドアイテムです。

2020年

6月

03日

BJクラシック「PREM-120S NT」2020年・春夏の新色です

2020年・春夏モデルが続々と入荷中のBJ CLASSIC COLLECTION(ビージェイクラシックコレクション)。

今回は、人気の一山ラウンドモデル「PREM-120S NT」の新色をご紹介します。

PREM-120S NT 44□25-152 ¥32,000+tax
PREM-120S NT 44□25-152 ¥32,000+tax

メガネフレーム ラウンドシェイプ

PREM-120S NT 44□25-152 ¥32,000+tax 

 

鼻パッドが付いていない、鼻筋にのせる形のブリッジを一山と言います。

マテリアルはオールチタン。フロントのカラーリングは七宝カラーとなっています。

顔なじみの良いブラウン系は、男性、女性問わずかけて頂きやすいカラーリングです。

少しでも心地よく眼鏡を掛けて頂きたいという思いで、細部までこだわり製作されたアイテム。BJクラシックのアイウェアは鯖江の眼鏡職人たちによるハンドメイドアイテムです。

2020年

6月

02日

BJクラシック2020年・春夏 REVIVAL EDITION「RIMWAY」

BJ CLASSIC COLLECTION (ビージェイクラシックコレクション)の2020年・春夏 New Collection が続々と入荷中です。 

本日は古き良き時代のアイテムを現代の素材と技術を駆使して忠実に復刻させた、REVIVAL EDITION「RIMWAY」をご紹介します。

メガネフレーム

RIMWAY01 46□20-150  ¥38,000+tax

 

1930年、AO(Ameirican Optical)社はテンプルが目より高い位置に付けられたスタイルの眼鏡「Ful-Vue(フルビュー)」を開発、そのデザイン特許を取得しました。

目の横の視界にブリッジが入らないこのスタイルの眼鏡は瞬く間に世界を席巻し、競合メーカーはこぞってその特許使用料を支払ったといいます。

そのFul-Vue(フルビュー)の中で最も人気のあったモデルがこの「RIMWAY」です。

ブローバーが付いているため見た目が華奢なツーポイントでありながら圧倒的な強度を誇り、日々の生活でストレスなく使用できる耐久性がその特徴。1930年代から1940年代にかけて世界中の人々に愛用されたこのモデルは、AOの長い歴史の中でも代表的な作品と言えます。

当時、レンズはガラスで高価な物であったため、レンズシェイプを確認するためのデモレンズや、加工用のレンズパターンは厚紙で作られることが多かったそうです。

今回の復刻では当時の眼鏡そのものは当然のこと、厚紙レンズや、眼鏡を入れる紙袋まで忠実に復刻しています。

古き良き時代のアイテムを現代の素材と技術を駆使して忠実に復刻させた「REVIVAL EDITION」。BJクラシックのアイウェアは鯖江の眼鏡職人たちによるハンドメイドアイテムです。