SeeBest(シーベスト天神)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、コンタクトレンズの専門店です
SeeBest(シーベスト)は福岡県福岡市中央区天神にあるメガネ、サングラス、補聴器、コンタクトレンズの専門店です」
電話

YUICHI TOYAMA(ユウイチトヤマ)

デザイナーは外山雄一。2009年設立のブランド「USH」から名称変更し、2017年春夏コレクションよりスタートした「YUICHI TOYAMA(ユウイチトヤマ)」。

ブランドポリシーは「伝統的な技術と革新的なデザイン」。外山が自身に課した5つのルーティン(見る、考える、描く、作る、壊す)を根幹にデザインをしたフレームは、独創的でありながら、ユーザーの日常に寄り添うプロダクトとして国内外にて高い評価を得ています。

 

「Tradition&Innovation」(伝統と革新)

  日本の伝統的な職人技術と革新的なデザインで新たなメイドインジャパンを追求。  YUICHI TOYAMA(ユウイチトヤマ)の必要最低限に削ぎ落とされた構造と機能の美しさは、世の中の様々な道具に込められた機能美に相通じる何かを感じさせます。

YUICHI TOYAMA(ユウイチトヤマ)関連情報

「USH」は名称を変更、2017年よりYUICHI TOYAMA(ユウイチトヤマ)」となりました。

2017年

8月

12日

YUICHI TOYAMA(ユウイチトヤマ)のダブルダッチコレクション「U-066W & U-068W」

先日ご紹介いたしましたYUICHI TOYAMA(ユウイチトヤマ)のダブルダッチコレクション U-74Wのシェイプ違いが入荷しました。

2本のメタルリムで交差するようにデザインされたダブルダッチコレクション。

ハイブリッジで個性のあるフレームですが、不思議と違和感なく掛けられる。外山デザインの特徴ですね。

YUICHI TOYAMA/U-066W

U-066W 「W.Marcel」 45□23-145 ¥38,000+tax

YUICHI TOYAMA/U-068W

U-068W 「W.Walter」 46□22-145 ¥38,000+tax

2017年

8月

02日

YUICHI TOYAMA(ユウイチ トヤマ)から「Double Dutch Collection U-074W」

「Double Dutch シリーズ」のNEW ITEM が入荷いたしました。

Double Dutch+Dutch Design の「Double Dutch Collection(ダブルダッチ コレクション)」。

 

YUICHI TOYAMA(ユウイチ トヤマ)のアイテムは【HANDMADE IN JAPAN】。クラフト、デザインともに美しい逸品です。

YUICHI TOYAMA/U-074W

U-074W W.Johannes 44□23-145 ¥38,000+tax

写真では見えにくいですが、フロントリム側面に七宝を施し、極細のセルをインナーリムとして巻いてあります。ハイブリッジで個性的なラウンドシェイプの眼鏡です。

Double Dutch Collection

Double Dutch+Dutch Design…

「Double Dutch(ダブルダッチ)」とは、縄跳び競技の一つ。

 

二本のロープを両手に持った回し手が向かい合い、それぞれロープを内側に回し、その中をジャンパーが跳ぶというものです。

17世紀、ニューヨークへ渡ったオランダからの移民によって普及し、現在は「規定演技」「スピード競技」「フリースタイル」「フュージョン」の4種類で争われる国際的なスポーツとなっています。

その語源は、オランダ人が“理解不可能”“複雑すぎる”ことをした際の俗語からきています。

Story

2015年3月、「YUICHI TOYAMA(ユウイチ トヤマ)」のデザイナー・外山雄一は、代々木公園を散策中、ダブルダッチの練習に励む若者たちに遭遇。身体性の高さとスピーディーな展開もさることながら、二本のロープが交錯し、宙に描く線の美しさに驚嘆させられます。

規則性と残像が織りなす 一瞬一瞬を切り取るように凝視していると、眼鏡のフロントデザインの着想を得ることに。

その場でスケッチをするに至り、テンプルとフロントの接合部を境目に二本の線でフレームを 構成するアイデアが生まれました。

 

Process

外山はこのスケッチを元にデザイン作業を進めていく中で、オランダ発のプロダクトデザイン(ダッチデザイン)からの影響を、“ダッチ繋がり”で加味することを試みます。

1990年代に頭角を現し、その後は大きな潮流となったダッチデザインは、コンセプチャルで、遊び心があふれるデザインが特徴です。

進行中のデザインを前にして、

「これは一筆書きで描いたフレームにも見えるかも」 

「一本の針金を折り曲げながら眼鏡の形状にしたようにも見える」

と気づき、フロント部分のラインを強調することに。

同じくオランダにゆかりのある七宝でカラーリングを施すことで、正面から見た 際に“一筆書き”のようにも見える、ユニークなフレームが完成しました。

素材には軽量かつ丈夫、そして金属アレルギーになりにくいチタンを採用し、フィッティングに優れた構造を設計。ダブルダッチ、ダッチデザイン、七宝…数珠繋ぎのように連想をしていきながら、外山雄一というフィルターを通していくつもストーリーを立体的に編集し、 眼鏡としてしなやかに具現化したもの。それが「Double Dutch シリーズ」です。

2017年

5月

01日

YUICHI TOYAMA(ユウイチトヤマ)から定番中の定番「Anthony UFO-070」

『USH』 改め 『YUICHI TOYAMA(ユウイチトヤマ)』。デザイナーは外山雄一。

ブランドポリシーは「伝統的な技術と革新的なデザイン」。日本の伝統的な職人技術と革新的なデザインで新たなメイドインジャパンを追求。

外山が自身に課した5つのルーティン(見る、考える、描く、作る、壊す)を根幹にデザインをしたフレームは、独創的でありながら、ユーザーの日常に寄り添うプロダクトとして国内外にて高い評価を得ています。

YUICHI TOYAMA/Anthony UFO-070

今回ご紹介するのは『Rep.Collection』。シリーズ名の「Rep.」は、Represent(典型、代表)、Reproduction(再生)、Repetition(繰り返し)の単語から命名。

「YUICHI TOYAMA」の“ど定番”がここに誕生しました。

ボストンシェイプのサーモントブローフレーム。ボストンシェイプにすることで、ブローフレーム特有の存在感を軽くし、可愛らしい仕上がりに。

 

UFO-070  47□20-145 ¥34,000+tax